本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

チーム稲妻結成、事件

「ここがギルドだよ!!」

「…おぉ…」

そして中に入って、親方の部屋を目指した。

「・・・広いなぁ」

「一度は入ってみたかったんだぁ…いつも一人じゃだめって言われてて」

マリンはまるで男の子のようだ。

でも女の子らしいところもある。

「おーやーかーたー!!」

マリンが叫んだ。

「なんだい?」

ひょこっと顔を出したのは、このギルドの親方プクリンである。

「探検隊になりに来ましたよ!!」

「…マリン…やっと友達を…」

何かつぶやきかけた親方。

でも、さっと顔を上げ、

「ささ。この中に入って」

親方の部屋に召された。

「…チーム名は?」

「チーム稲妻」

おぉ…と感心した親方。

ノゾムはよく理解していない。

稲妻?

そして、くどい説明をされた。

「…ふんっ!!」

まさかの親方、何か放った…。

マリンとノゾムはこの親方の発した衝撃波で外に飛ばされそうになった。

「はい、登録完了!!」

「あ…ありが…と…ございま…す」

そして、トレジャーバッグと探検隊バッジをもらい、自分たちの部屋へ。

「…すごぉー…い」

藁のベッド。

シンプルな壁。

…牢屋暮らしとほとんど変わらないんじゃないのか?

「ほら、見て」

トレジャーバッグの中をのぞいていたノゾムは、マリンに呼ばれて窓際へ。

「…おぉ!!」

それは、ノゾムとマリンのであったあの砂浜であった。

ちょっと外に行きたくなったノゾム。

「外行かない?これの中身を買いに行きたいし」

「うん!」

ノゾムとマリンは一緒に外に出た。

















でも、何やら人ごみが。

「なんだぁ?」

そこには、一匹のオレンジ色のポケモン…ブイゼルが倒れていた。

「なんだ!?」

しかしブイゼルは、

「行かねぇと…来る!!」

と立ち上がり、ふらりと去っていった。

「え?ま、待って!!」

ノゾムとマリンは追いかけた。



















「なんだよ…お前らも追っ手かよ…」

疲れた目つきでブイゼルが言った。

「…追っ手?」

よく意味を飲み込まぬままのノゾムであった。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):