本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

覚醒した理由は昼飯にあり

「…ふぁあ…」

僕はあくびした。

目をごしごしとこする。

「みんな、昼ご飯じゃぞー」

オーキド博士の声。

「…さて、行かなくちゃ…」

たちあがって、ご飯を食べに行った。











「よこせぇーい!!」

千鳥足で僕のエサを奪ったやつがいた。

ヘイガニである。

「ちょっと、返してよ!!」

僕は叫んだ。

しかしヘイガニは、

「やなこった」

と口の中にエサを全部放り込んでしまった!

「…何をしてくれてんだぁぁぁあああああ!!」

さすがに大事なひるごはん(しかもオスだから食べ盛り)を取られて黙ってられない僕は、ついに燃え始めてしまった。

「こんちくショー…面倒くせぇ」

とヘイガニはバブル光線を浴びせる。

「水鉄砲!!」

僕の技の威力は上昇。

「わぁぁぁ!?」

ヘイガニを軽くぶっ飛ばした。

オオスバメが、

「おいおい…喧嘩すんなよ」

と間に入ろうとした。

しかしそんなオオスバメを僕はソニックブームでぶっ飛ばしてしまった。

若干覚醒しかけてるのかな…。

「うわあぁぁああああ!!」

世界がぐちゃぐちゃである。

何を見ているのかもわからない。

その時だ。

「んなささいなことで覚醒すんな!!」

と体に響いたのは、オオスバメの声であった。

「飯ぐらい分けてやる!!戻れ!!」

「…あれ?何してたんだっけ」

その声で僕は何をしていたのか忘れてしまった。

あほだ…。

それが、なんか意味わからない昼下がりであった。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):