本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

ノゾムの真の力

「誰だ!!そこにいるのは!!!」

突然、誰かが来た。

ノゾムはそこに立っていた。

「私たちのものを盗む気か!」

「そもそも、こいつはものじゃないし、第一お前らの仲間でもないし…盗むっていうより、取り返しに来ただけだな、じゃ、俺ら行くから」

ノゾムがそう言って抜けようとした。

「これはボスに献上する大切な品物なんです」

そう言い放った下っ端に首をつかんだノゾムは、

「品物なんかじゃねーんだよ!」

と切れた。

マリンは、心の奥底で、何かうずめいているような気がしていた。





















そうして結局その下っ端とかがしつこくてノゾムが十万ボルトを放つ羽目になったが…。

コーザも協力しながらみんなで力を合わせて戦っていた。

そして出口まで来た。

これで戻れる…!!

しかし、そこに立っていたのは、数百人に上る…。

全員が、ブイゼルという敵であった。

「なんで…」

みんな同じ顔。

イルの顔と同じ顔つき…。


もしかして、クローン?


ノゾムはそんな気がした。

「まさか…これ、イルのクローンじゃ…」

「え!?」

「顔も全部同じだよ…」

イルが固まった瞬間、上から檻が落ちてきた!!

イルはその中に閉じ込められて…。

イルの体に、ものすごい量の電流が走った。

「イルっ!?」

イルの体が、かすれて見える…。

まさか、存在を消すつもりじゃ…!!

「ようやく捕まえたか」

そこに立っていたのは…。





















「ディアルガ!?」





















イルの体はもうもたない!!

どうすれば…

このディアルガは…

「大事な品物を逃がそうとしてくれたな…お前たちも捕まえる」

檻の中に、みんな閉じ込められた。

電流こそ流れはしないものの、何もすることはできなかった。

技も全部跳ね返ってくる…。

そして、イルが連れ去られるのを黙ってみていた。

見ていることしか、できなかった。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):