本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

もっとかっこいい事件解決をしよう

「今日も町のごみ拾いだぜー!!」

「ってふざけんな!!いやですよ!!」

「いやいや結構もうかるんだ」

「うそ」

「時給10ポケ」

「すっくないわー!!」

「少ないの?」

その時だった。

電話が鳴ったのは。

「はい…ブイブイ探偵事務所です…あ、そうですか」

がちゃ。

「なんだったんですか?」

イーブイの目から涙が…。

「…間違い電話だった☆」

どてっ。

「ひやひやさすんじゃないよ!!もう!!」

その時だった。

また電話が鳴った。

「はい、ブイブイ探偵事務所です…はい、はい。わかりましたー。」

がちゃ。

イーブイの目からまた涙が流れた。

「また間違い電話ですか…?」

「いや、仕事来たよ!!時給10ポケのごみ拾いよりもずっといい仕事来た!」

「やったぁー!!」

「えっとですね…『殺人事件が起こった。車の中での殺害だったんだが、犯人が逃走したので、追いかけて捕まえてほしい』…だって」

「かっこいい仕事だー!!」

「現場は?」

「ちょうどここから30分ぐらいかな。車で急ぐぞ」

「おぉー!!」



















現場に到着するや否や、真っ先にブイゼルが鼻でにおいをかぎ、地面に鼻をくっつけて、備考的なものを開始した。

「あっちか!!」

それをイーブイとフシギダネがおっていく。

続くこと1時間。

「いたっ!!」

ブイゼルが叫んだ。

その犯人は木の裏に隠れていた。

イーブイが後ろにそろりと回る。

フシギダネが正面から真っ先に向かっていく。

ブイゼルは監視。

フシギダネに気付いた犯人が後ろを向くと、そこにはもうイーブイがいて、にやりと笑うと

「お前を逮捕する」

といい、その犯人の手をぐっと握り、フシギダネがツルでぐるぐる巻きにした。



























「一件落着っツーことでね、定番のすし屋に来たー!」

「よぅ」

店長のカメックスはイーブイと同級生だ。

「お疲れさーん!!」

「どうもどうもー」

「では…」

「カンパーイ!!」

寿司屋はワイワイとにぎやかになった。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):