本日 1 人 - 昨日 6 人 - 累計 18524 人

シャインのギルド、その名は「別館プクリンのギルド」!?

「…なんで俺はこんなポケモンになってんだよ!!」

トオルは顔をしかめた。

「私なんて、そのまんまサクラに…」

サクラは肩を落としている。

その光景は、リンクとシャインからしてはとても変な光景に見える。

どう見てもポケモンなのに、なんでそんなに落ち込んでいるのかわからない。

「なんで落ち込んでるんですか?」

リンクが聞いた。

「私たち、人間なのに…!!」

サクラが泣きそうな顔で言う。

「ニンゲン?なんだそれは」

シャインが顔をゆがませた。

「…人間…だった…」

リンクがつぶやいた。

「まぁ良くわからないけど…とにかく、俺んちこいよ」

シャインが二匹を案内した。

















シャインの家は、大きな木の中にあった。

でも、家には見えず、何か企業っぽい感じ。

「ここが本当にあなたの家なの?」

サクラが聞いた。

「あぁ…俺が経営するある仕事のギルドでもある」

中は広々としていた。

階段がらせん状にぐるぐる上がっていて面白い。

「…ねぇ、シャインさん、この掲示板何?」

「それか…それは、依頼掲示板だ」

「「依頼掲示板??」」

二匹が声をそろえていった。

「…俺の仕事の名前は、探検隊のギルドの親方を努めること。でも本当の親方はあっちのトレジャータウンにいる」

「じゃあここは…」

「いわゆる、別館プクリンのギルドってことだな」

「探検隊ってどんなことするんだ?」

「…そうだなぁ…困ってるやつを救助したり、宝物を探したり、お尋ね者を倒したりするんだ」

「かっこいい!」

「いいなぁそう言うの」

シャインは、二人の目を見ていった。

「お前ら、探検隊やるか?」

「え?」

「こっちも少々人手不足だからな…でも、強制はしねぇぜ」

「…あたしやりたい!」

「俺も!!」

「じゃあ決定だな…」

シャインはにこにこしながら、階段をのぼり、二人をまた案内した。

















「チーム名はどうする?」

「…えっと…」

次回、サクラとトオルのチーム名が決定する!!



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):