本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

sick・panic!!

「…ねぇ、エテボース」

今僕の体はエテボースで、エテボースの体はブイゼルという状況。

そして、僕の体にいるエテボース(ややこしい…)に、聞いた。

「なんでこうなったんだっけ」

事の始まりはオーキド博士に整理を頼まれたことだった。

そのせいで薬をかぶった僕らは入れ替わって…

ということなのだ。

「…もう、なんでこうなるのかしらねぇ…」

でも別に楽しくないというわけでもない、という顔をするエテボース。

でも自分の表情を自分で見るってそうそうないよねこれ。

まぁいいか。

その時だった。

「いっ…痛!!」

僕の本体、つまりエテボースが崩れ落ちた。

「…な…!?」

僕はオーキド博士をすぐに呼びに行った。


















「これは…アクアブレア病が進行している…!!」

と告げられた僕。

僕のせいで、彼女をこんなに苦しめていいのだろうか…

変われるのなら、変わりたい…

その時、ぼくとエテボースの体が光って―――













元に戻った。

僕の体には、激痛が走っていた。

そして気が付いた。

わきのところにあざができていることに。

しかも冷凍パンチで使う方の腕にだ。

そのあざからの痛みが、僕の体全身に響く。

何だ、この感じは…

エテボースの顔が、ぼんやりと見える。

意識がもうろうとする。

その中で、続く痛み。

苦しい。

エテボースの声が、遠くなっていった。





































「ブイゼル、大丈夫か?」

ゴウカザルがいる…

ドダイトスも、みんながいる。

体の痛みは少々和らいでいた。

「…僕、生きてたんだ…」

死ぬ気だった。

暗黒の闇に放り出されたような苦しさだったと。

「じゃあブイゼルの体が治るまで、みんなで看病するぞー!!」

「おー!」

何でこんなにみんなは優しいんだろう…こういう人たちでよかった!!

と、心で喜びをかみしめていた。



















アクアブレア病は不治の病ともいわれる難病である。

でも、みんなのおかげで症状がだいぶ和らいだ。

「ブイゼルも寝たきり生活じゃなくてよかったなー…記念に、缶けりしようぜ!!」

「缶けり―!?」

そしてみんなで缶をからからと蹴って遊んでいた。
















缶が、僕の頭に当たった。

「痛いわぁぁ!!」

僕はキレて、みんなの方へと走り出した。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):