本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

fighting spirit ってどんな意味だっけ

「…はぁ…」

みんな静かに寝息を立てて…と入ったものの苦しそうにだが、だれ一人起きない。

僕だけ暇というこの無駄な時間を過ごしながら、僕の頭の中にいろいろな声や出来事が入ってくる。

人工呼吸でツタージャの一命を取り留めたはいいけど…

どうして、どうして僕はエテボースを裏切るようなことを…

でも、僕はエテボースのことたぶん大好きなんだよね…

あぁ憎い。

恋愛に疎い自分が憎いわ。

もう、なかったことにしちゃおう☆僕はポジティブシンキングということで、さらりとなかったことにすることにした。

大丈夫だ。

誰も…ん?

そういえばオーキド博士は見てたよ…ね?

まぁ言わないさ、大丈夫大丈夫…

僕はポジティブに生きることにした。


















次の日起きたらみんなの顔に赤い点々がたくさんたくさん…

「うわぁあぁあああ!!なんなんだよこれ!!」

僕は大声を上げた。

僕にも赤い点が一つ…と思ったらニキビだった。

くそぉ…でも僕はまだ肌が若いということにしておこう。

腕が不自由だと何一つ満足にできない。

もういいや…特訓でもしに行こう。




















アクアブレア病なのはわかってる。

しかも聞いたところによればこの病気は一度かかったらなおすのが困難であるらしい。

つまり、不治の病だともいえるのだ。

そんなの嫌だよ。

でも、そういう病気なのだ。

仕方がない…。

水鉄砲の威力も、アクアジェットのスピードも…何もかもが落ちていた。

でも、それ以上に落ちていたのは、自分の心身の状態であった。

今、僕の体の中は不安定なのだ。

何だか、つらい…。

どうしよう…

僕は、空を見上げた。

みんなが治らないかなぁ…

早く治らないかなぁ…

みんなとしゃべりたいし、バトルもしたいし、昼寝したいし、ご飯食べたいし…

謎の病気によって、日常を奪われたような気がした。

でも、自分には闘志というものがないのか?

今、何も戦おうとかそういう気持でもない。

何のために特訓に来たのか、逆に自分に聞きたいぐらいだ。

もしかして、僕は逃げてきてしまったのではなかろうか。

病気という困難、苦悩から。

そんなんじゃだめなんだ…

みんなのために、できることをしなくちゃ…!

その時、茂みからガサガサ、と音がした。

「なんだろ…え?」

突然、口を何かに覆われた。

そして、僕は、茂みの中へ…それどころか、研究所から少し離れたところにある静かな洞窟へと連れていかれた…。
















目が覚めると、

「あ、目ぇ覚めた?」

これ、見たことあるポケモンだなぁ…。

何だっけ。

「“fighting spirit”ってどういう意味だっけ」

「…闘志じゃなかった?」

「そうか、それかぁ…」

そして、僕は聞いた。

「君は誰なの?」

「僕?僕はアグノム」

「えぇぇぇぇぇえええええ!?」

「リッシ湖で、僕のこと見えたでしょ?君のことも覚えてたよ」

「うそぉぉぉぉぉぉおおお!?」

「そんなにびっくりしなくてもいいじゃない…」

どうしてここにいるのか、と聞こうとした。

そしたら、

「僕がここに君を連れてきたのは、君を助けるためだよ」

「ぼ…僕を…??」

相当悩んでたでしょ、とでもいうように、

「君を、苦悩のどん底から引っ張り上げるためさ」

「苦悩のどん底…」

その瞬間、僕の頭の中には、さんざんの言葉がよぎった。

人工呼吸のこと。

謎の病気のこと。

自分の弱さのこと。

自分への憎しみのこと…

「…苦悩のどん底に、僕はいるんだね」

「でしょ」

「じゃあ、どうやって僕を苦悩のどん底から引っ張り上げるのさ?」

「此処の近くにまた更に大きな地下道っぽいものがあって…その下にね、願いをかなえる滝があるんだ」

「願いをかなえる…」

「昨日から今日にかけてあった出来事全部を取り消して、いつもの日常に戻すために」

「戻す…」

僕は、決意した。

必ず、みんなを救う!!



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):