本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

ラッタいっぱい大騒動

「ブイゼル…ちょっと助けてほしいんだけど」

僕がツタージャに呼ばれたのは、こういう理由であった。

「な、なにこれ!?」

研究室にラッタがいっぱい!?

「ちょちょちょ・・・何でこれあふれてるんだよ!!」

「なんか知らないけど、裏口のドアが開いていたらしくて…」

「えぇぇ、これ結構大変じゃない?!」

「そうね…どうやって追い出せばいいのかしら」

ツタージャが真剣に考える。

「…どわぁい!!」

ラッタが僕に飛びかかってきた!!

「ちょっとおいお前離してくれよ!!」

「離すもんか」

「ちょっとぉ~…」

えらい迷惑な話だな。

しかもここに三十匹ものラッタがいる。

オーキド博士だったらどうするんだろうか。

「ブイゼルブイゼル」

ゴウカザルが入ってきた。

「これはどういうことなんだ?」

「ごめんよくわかんない」

「…もうなんなんだよ」

ラッタがいろいろかじりだして…っておい!!

「モンスターボールかじらないでくれよ!!つーかそれ僕の!!」

「…どうする?」

「…そんなこと言われても…」

さらに。

「ねー、ポッポ入ってきた!!」

「もうやだよ何でこんな初期のポケモンいっぱい入ってくるんだよ!」

「…いーやーーーー!!」

ツタージャが絶叫した。

いわゆるふんというものをかけられてしまったからだ。
























「何とかしようか」

「そそそそうね」

ツタージャは震えている。

ポッポにおびえているようだ。

「じゃあ、もう俺寝てきていい?」

ゴウカザルが言った瞬間、ツタージャと僕は両方から平手打ちを食らわした。

「もうやめようそういうの」

ほっぺたを抑えながら、

「じゃあもうブイゼル頑張れ」

そういうなり、走って退散した。

「逃げやがった」

「じゃあもうふたりでがんばるしかないか」

ラッタとポッポの排除に数時間かけた。


















めんどくさかった。

それ以外、なんでもない。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):