本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

作者が勝手に考え出したブイゼルの過去

「おーい、ブイゼル―!!」

僕を最初に捕まえたトレーナーは、初心者だった。

しかしとても仲が良いコンビであった。

みんなのことを第一に考える、優しい人であった。

「ご飯だよー」

料理の腕は一流で、いつもおいしいご飯を作ってくれてたっけ。

しかし突然、彼はいなくなったのである。

僕だけを残して。

理由は、火山の噴火に巻き込まれてしまい、山で遭難してしまったからだ。

サトシとの旅を続けている間にも、そいつと遭遇したりもした。

けれど、もう、顔には…

僕のことを忘れてしまっているとしか言いようのない、あからさまにひどい目つきで僕を見ていた。


















次に僕を捕まえたのは、ちょっとナルシの入った人だった。

けれどトレーナーとしての腕は一流、ポケモンリーグでもじゃんじゃん勝ち進んでいけそうな人だった。

僕は最初のトレーナーとの突然の別れをまだ受け入れきれていなかった。

しかし、この二番目はきっと大丈夫。

そういう風に思ったのだ。

でも、それはすぐに風に流されるように、僕は川に捨てられた。

「お前は不必要だ」

そういって、モンスターボールから出された。

その時の屈辱、憎しみ、すべてが僕に強さを求めた。

だから、聡・光と出会うことになるあの川で、特訓を続けたのである。
























もっと強く。

それが僕のモットーであり、生きがいであった。

崖のぼりは楽勝。

ジャンプは10メートル。

なんでもできるようになりたい!!

それが、ぼくをずっと押し立てていた。

そして、ヒカリとの出会い。

最初はもちろん嫌だった。

だって、二回もトレーナーに見捨てられたんだから。

言うことを聞く気もなかった。

いうなれば、反抗期のようなものだ。

でも、ドータクンとのバトルでぼろ負けして、そのあとロケット団に捕まった時に、僕はいろいろなことに気が付けた。

それがなんなのかはよくわからないけど…

でも、何かが変わった。

それから後、僕はヒカリに徐々に心を許していった。

そして、エイパムとの交換。

サトシとともに、高みを目指して頑張れた。

ヒカリの時には出ることなく終わったコンテストにも出たり…

シンオウリーグでも、自分のベストで戦えた。

だからここに僕がいる。

そのことを、忘れないまま生きていこう、と僕は思った。

















「ふぁ~…眠いなぁ」

横に、ゴウカザルがひょっこり現れた。

「おぉ睡眠不足かよおい」

「そういうゴウカザルだって眠そうじゃんか」

「いや、俺はちゃんと9時に寝て7時に起きる」

「小学生じゃん」

何て会話をしたが…

今、ギャグの嵐が、ぼくに吹き寄せようとしていた。



















「おいブイゼル、どうしたんだ!?」

これはある日のこと。

僕が、動かなくなった。

「おいブイゼル、ブイゼルってば」

「なんだよぉ~もう少し眠らせてむにゃ―」

さて、ぼくに何が起こったんでしょー。

次回に続く!!



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):