本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

炎と草と水

「三回戦開始★」

そして始まった三回戦。

「じゃあ先攻はそっちから」

「…葉っぱカッター!!」

いきなり僕を狙ってきた!!

「やっぱり相性重視か」

「交わせ・・・・・」

マグマラシがつぶやいた気がした。

僕は交わしてしまった。

「…ロッククライム!!」

「え!?」

横から僕は攻められた!!

…いたた…

そこまで重度にけがしたわけではないが…

「体がしびれた…!?」

少しひるんでいた。

「葉っぱカッター!!」

「…やばいっ!!」

ひるんで動けない僕の方へ葉っぱカッターが飛んでくる。

終わりだーーー…。

その瞬間、僕の前には大きなドダイトスの体があった。

攻撃を全部吸収したのだ。


ドダイトスはにやりと笑う。

「意外と弱いかもな」

ひるみが取れた僕は反撃を開始した。

「水鉄砲!!」

そして続けて

「水の波動!!」

これでマグマラシはダウンしたわけなのだが…。

ベイリーフどうしよう。

「…もう仕方ない、冷凍パンチ!」

「レディーを攻撃するなんてやなやつね…ツルのムチ!!」

冷凍パンチとツルのムチ、相打ちになった。

そして、二匹が倒れ…。























「勝者、ブイゼルチーム!!」

結局またドダイトスが一人で喜んでいた。

僕は毎回立って勝利を受け入れてないな。

もういいや。

勝てたなら…。

そして、どんどん勝負は続く!!




















次回、ケンタロスとカビゴンの超パワフル準決勝!!

二回に分けてお届けする予定です☆

次回に続く!!



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):