本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

ばれて元通りで新展開で

「…おおここにいたか俺」

「いやなんなんですかそれ」

ゴウカザルが近づいてくる。

どうしよう、絶対あの話から…。

「お前、付き合ってたんだな」

やっぱり。

「…はい…でも割と最近です」

「まったくお前は…俺彼女なんかできたことないぞ」

「…でも…ゴウカザルさんは実際僕よりも年齢低いじゃないっすか」

「体だけさ、大きくなるのは」

「…エテボースは…たぶん、ぼくにとっては大切な人なんだと思います。ほら、どんなバトルの時も応援なくて…冷凍パンチもまぐれみたいなもんで、雨が降るのだって運があるだけであって、実際僕は強くない…でも、支えがあったから、ここまでこれたのかなぁ…って思うのが最近です」

「くそぉお前男上げたなぁ」

ブイゼル(の体のゴウカザル)にぐりぐりされた。

「痛い…というか自分にぐりぐりされたくなーーい!!」

「大丈夫だ、お前のことは誰にも言わない」

「ほんとですか?」

「大事な人がいるんなら、ちゃんとその人のところにいないといけないじゃんか…」

それ名言?

ベタなセリフだな。

「…たとえ、元に戻れないとしても、お互いを生きようぜ」

「はい」

その時、二匹の魔法は解けたのであった。






















「…戻った!!」

「なんで!?」

「…あの似非魔法使い!!今度会ったら許さないからな!!」

でも、僕らの顔には笑顔が浮かんでいた。



















そのとき。

オーキド研究所の後ろの山から大きな音がした。

「なんだ!?」

土砂崩れが…。

「…え!?」

「きゃぁあ!!」

気づいた僕らはみんなを助ける。

大体みんないる、とゴウカザルは確認した。

でも、ぼくだけは落着けなかった。

エテボースが…エテボースがいない!!



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):