本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

VSザングース

「助けてぇぇぇ!!」

「どうしたのベイリーフ」

「研究所の敷地内にね、赤と白のおめでたい色したポケモンが…」

「ビリリダマかマルマイン?」

「いいえ…獣形」

「じゃあザングース?」

「たぶんそれ!!」

僕はベイリーフが焦って逃げてくるのを見た。

だから何があったのか聞いてみた…。

でも、ザングースといえば…。










「ゴウカザルさーん!!」

「どうしたんだよブイゼル」

「なんか…ザングースが来てるみた…あれ?ゴウカザルさん?」

「…その話やめろぉぉぉぉぉ、できれば俺はザングースとかかわりたくないんだぁぁぁ」

「…怖気づいてんのかよだっせーなぁ」

ドダイトスさんが来た。

「お前、前にロケット団にみんなが連れて行かれそうになった時、ザングース三体相手になぎ倒したじゃねーか」

「そ、そうだけどぉぉぉ…」

「お前なら大丈夫だって」

「そうですよ!!」

「そうそう」

みんなの励ましを受けたゴウカザルさんは何も言わずに、ただ、ニコリと笑って、走り出した。


















あわてて僕も走った。

一応、ゴウカザルさんの援護に…。

ゴウカザルさんは早速攻撃を食らったらしい。

「…助太刀しましょうか?」

「あぁ…頼む」

「火炎放射!!」

「水鉄砲!!」

しかしやはり2対3では不利。

ザングースたちは僕を一気ににらむと、

「ぐわぁぁぁぁ」

と叫びながら、ぼくをひっかいた!!

三匹一斉に。

更にかみつくまで…。

「……うっ…」

血が額に流れそうになっていた。

「…仲間を傷つけるなぁ!」

ゴウカザルさんが僕に代わってザングースたちのもう一回の引っ掻くを食らった!!

「これくらいなんともねぇ!!火炎車!!」

ゴウカザルは転がり転がり…。

ザングースたちに最後の一発。

「火炎放射ぁ!!」

そして、何とか立ち上がった僕が、

「冷凍パンチぃぃぃ!!」

三匹を一気に凍らせて…

肘をひねってアッパー状態!!

上まで飛んだ!!!

「…おぉ…やるなぁお前どこにそんな体力が」

「ちょっとヒートアップしただけです」

「ならいいんだけどぉ…」

そして、頭のけがをオーキド博士に直してもらってから、僕は去った。



















エテボース…。

僕、どうすればいいの?

この間の一件でも…

どうすればいいのか教えてくれないかな…。

僕は考え事をしながら寝た。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):