本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

野生の○○が

「だから、それは俺のモモンの実なの!!」

「あまいもん好きなのかぁ…ダッサ」

「うっ、うるさい!!人には好みがあるんだぞ!!作者の持ってたダイヤモンドのゴウカザルだって、好きなものは甘いものだったぞ!」

「んなのかんけーねーだろ」

「半分こすればいいじゃないですか」

只今、キングラーとへラクロスが言い争いをしている。

甘い物好きのへラクロスがとったモモンの実をキングラーが横取りしようとしている始末だ。

そんで、僕は半分こしろ、といった。

だが。

「一個食べることに意味があるんだよ!!」

それで、またモモンの実を引っ張り合いだ。

パキッと音がした。

モモンの実がきれいに真っ二つだ。

「…あぁ…もういいや」

「すまん、キングラー」

「いやいや、悪いのは俺さ」

その時。

ドゴォォォォォォオオオオン・・・。

何の音だろう、と思って音の方向をみたら…。

「何あれ」

「ポケモンかよ…デカいなぁ」

「見たことあるぞ?」

僕は見覚えがあった。

あれは…あれは…まさか…。

「ギラティナ!?」

「ん?」

でっかい体で僕を直視するギラティナ。

「…えっと、ぼくです。サトシの手持ちです」

「俺も」

「俺も」

「俺も」

「おいらも」

…キリなくなるわ!!

「ほぉ…。」

「で、なんでここにいるんですか?」

「…まぁ、いろいろあって」

というや否や、ギラティナは攻撃を開始した。

ギラティナが攻撃した付近から黒いのが飛び出した。

…あれ…あれも見たことある…。

「ダークライぃぃぃ!!」

そうだよ、ダークボールのダークライだよ!!

忘れてないぞ!!

ヒカリにどんだけ心配かけさせたと思ってやがるんだ!

でも、突然、二匹とも消えた。

そういえばダークライは悪いやつじゃなかった。

アラモスタウン救ったんだよな…。

でもなんか嫌だ!!

暗いし、名前。

暗黒暗黒みたいな感じで…。

「ぼーっとしてんじゃねーぞ」

「このっ…リア充!!」

「うぅっるさぁい!!!」

「お前今度からエテボースってポケモンになれ」

「いやですよ!!」

「おーいエテボース―♪」

「…水鉄砲!!!!」






























「やっと、いつものブイゼルだな」

「えぇ」

「よかった…」

ゴウカザルさんたちは、口々につぶやいていた。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):