本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

そういえばサトシもっこんな感じだった

「冷凍パンチ!!」

ブイゼルは練習場で練習していた。

しかしなかなかできない。

いや、技自体はできるのだが、自分自身の中にある目標とちょっとずれているのだ。

「…やっぱ、まだ動揺してるのかな…」

「お前まだここに…」

「ゴウカザルさん…」

「昨日のこと、そんな練習に集中できなくなるほど気にしてんのか?」

「…だってあんなの初めてで…」

「ま、お前恋には鈍感そうだもんな」

「はい、鈍感です」

ゴウカザルさんは僕にとっても良き先輩だ。

シンジさんに捨てられた過去があるけど、サトシが拾ってくれた。

サトシのこと、信じ切ってるんだよねぇ…。

何で僕はずっと動揺してるんだろう。

でも…

なんか、抜けない…。

「元気出せよ…」

「はい」

ゴウカザルはぶらぶら去っていった。
















その日ヒカリが遊びに来ても、全っ然笑わなかった。

「くっそぉ…」

僕はどうすれば…。

「おい、いつまでもボーっとしてんじゃねーよ」

ジュカイン先輩だ。

「…ひひっ、俺、お前がうらやましいぜ」

「…いや別にあれはただ・・・・・・」

「エテボースから突然だもんな、動揺するのも分かるぜ」

「…」

「…そうそう、ピカチュウから聞いたんだけどな、サトシもキスされてもなんともない顔で過ごしてたって」

「サトシも?」

「ピカチュウは、『相変わらず子どもなんだよ』っていってた」

「サトシも僕と同じなのかな…」

「…ま、俺は失恋王だから」

「いつかは実りますよ」

「これからお前どうするんだよ」

「…うぅ…」

「ま、じっくり考えてみろ!!大丈夫だ、エテボースは逃げやしねぇよ」

「え?なんかずれてませんか話が」

「いいんだよ」

「よくないですよ!!」

「いつも通り頑張れ」

「…はい!!」

いつも通り…か…。

じゃあ僕はいつも通りみんなに突っ込みを入れよう!!

と、決意した。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):