本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

マリンの凄まじき過去!!

「じゃあちょっと行ってくるね!!」

「いってらっしゃーい」

今日はマリンは一人でお買い物である。

それで俺は何をしてるかといえば、まぁ…留守番だ。

はっきり言って具合悪いので、マリンには悪いけどのんびりここで過ごすことにした。

でもまぁ、イルもいるから大丈夫だろう。

「なぁおいノゾム」

「あ?」

「実はさ…俺、マリンと同じ幼稚園だったんだよな」

「え?」

「ほら、水タイプだし…アクアマリン幼稚園に通ってたんだ」

「そうなの!?」

「そんな驚くなよ」

「驚いたつもりは…」

「驚いてるって」

ニヤニヤとイルが笑った。

実際イルの体力もそこまで回復していないのでイルも留守番。

その時、俺たちの部屋のドアが開いた。

「ちょっと、入ってもいいか?」

親方だった。

「いいですよ」

と俺が答えた。











「マリンについての話をしたい」

「突然どうしたんですか?」

「マリンがいないうちに、と思ってね、盗み聞きなんてされてたら親方失格じゃん」

「すでに俺らに話してる時点で失格じゃないですか」

「まぁまぁ」

「なんでだよ!」

「…それでマリンの話っツーのは…」

「イル君、君はマリンと同じ幼稚園だったんだよね?」

「はい、小学校も同じでした」

「そこであったこと、知ってるかい?」

「もちろん。忘れてません」

親方はふぅ、と一息ついた。

「じゃあ君は知ってるのか。…で、ノゾム君には話さざるを得ないのか」

「…なんのことを?」

「マリンの身にあった事さ」

親方は話し出した。



















マリンは、トレジャータウンに住んでいる子で、私もとても可愛がっていた。

幼稚園の頃は、友達も連れてきて、楽しそうだった。

小学校に入っても、遊びに来た。

父親はこの町の市長だった。

とてもおおらかで優しくて、ついでに僕の飲み仲間だった。

マリンは父親譲りの優しさに加えて、リーダーシップも取れる奴だった。

…そう、あの日までは。





















         《パアアアアァァァァァァァァァァァァァァァァァァンン!!!!》






















市長…すなわち、マリンの父は、ある日、町の青年に打たれて死んだ。

マリンは学校に行けないほど落ち込んだ。

あの人気だった父を殺す反逆者がいたこと。

そのことに大いに傷つき、悲しみ、恨んだ。

「…マリン、学校に行きなさい」

何度母に言われても、立ち直れなかった。

事件が起こったのは、その数か月後。

マリンはあの日から初めて、学校に来た。

そしたら、いじめを受けた。

自分でもよくわけのわからないまま。

「お前の父親は、とんだ犯罪者だ!!」

そのことを聞いて、ますますショックは大きくなった。

町のみんなから徴収したお金を、ごっそりどこかへ持って行ったと。

父はそんなことするような人じゃないのに。

マリンは蹴られ、叩かれ…。

マリンはついに、不登校と化してしまった。


















でも、僕は声をかけた。

「マリン…でておいで」

「親方…?」

マリンは部屋から出た。

そして、ギルドへと連れて行った。

「お母さんに話をして、今日からお前はここに住むということになった」

「なんで!?」

「お母さんも同じだ…大丈夫」

「なんで?」

「町にいたら、危ないじゃないか」

「…そうなの?」

「ここなら、ギルドのみんなが守ってくれるだろ?」

「うん」

「お前は一人じゃない」

友達はいなくとも、マリンはすくすくと育っていった。


























いつも笑顔で、いつも明るくて…ポジティブなマリン。

でも、裏には悲しい過去を抱えてるんだ…

「イル君は…いじめていたのか?」

「いえ、クラスも違いましたし…でも、俺のクラスの人たちみんな、マリンのために何かしようって」

「優しいクラスもあったのか」

「えぇ…でもクラス替えで混ざっちゃったので…」

「そうか・・・」

「…親方、俺、マリンのために、何してあげればいいんですか…?」

「お前はな…いつも通り、マリンと接してくれればいい。友達としていてくれればそれでいい」

「…はい!!」

マリンは、俺が大切にする!!

マリンの心は…誰にも傷つけさせない!!

俺は、そう決意したのである。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):