本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

ブイゼルを助けろ!!

「…来るんじゃねーよ!!」

ブイゼルがノゾムとマリンに水鉄砲をかけた。

「…わっ!?」

「お前ら、何の目的で俺を追い回してんだよ!!そんなに力がほしいなら、くれてやるよ。こんなのいらないっての!!」

「ま、待って、誤解だよ!!俺たちはお前を助けようとしてるだけなんだ!!」

顔についた水を払って、首を振って、ノゾムは答えた。

「…そうなのか?」

「あぁ」

「信じてもいいのか…?」

「あぁ!!俺もお前を信じるから!」

「…じゃ、お前のこと、信じるよ。俺はブイゼルのイル!!この間トレジャータウンの中に引っ越してきたばっかりさ!」

「…俺はノゾム。探検隊やってる」

「同じくマリン!!あたしのことはマリンって呼んでね!!」

「…探検隊なのか?」

「新米だけどね」

「…へぇぇ~…」

イルの目は輝いた。

「…俺も入ってみたい…」

イルがつぶやいたその時だった。

「…あっ!?」

巨大なサイホーンが二匹、イルに向かって襲い掛かってきた!!

「・・・だぁーかぁーらぁー!!」

イルは一気に空気を吸い込む。

「いちいちうぜぇんだよお前らはぁぁぁぁぁぁぁあああああ!!!」

ブイゼル渾身の一撃!!

「ハイドロポンプ!!」

「あーれぇー…」

あの巨大なサイホーンが二匹一緒にぶっ飛んで行った!!

「…強い…イル強い!!」

「…まだまださ…」

イルはノゾムに向かって言った。

「俺を、探検隊に入れてください!!」

「…もちろん、いいよ」

ノゾムはにっこりと笑って、イルに手を差し伸べた。

「…ほら、握手」

そして、イルはノゾムの手を握った。

俺、この人のこと、信じていいのかな…。














「そう言えばさっきイルは信じるとか信じないとか言ってたけど…なんで?」

「…それは…俺、親に見捨てられたから」

「…そうなんだ…でも、俺たちのことは信じてくれよ!!仲間なんだし」

「…でもまだ信じられないんだ…どこかで信じてねぇんだ…」

「…いつか、心を開いてくれればそれでいいから」

「…あぁ!!」























そして、傷だらけのイルとともにギルドへと帰った。


























信じてもいいのか。

イルの迷い。

まだ、信じられるのは、先の話になりそうだ…。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):