本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

プロローグ


ある場所に、一匹のピカチュウが倒れていた。

もともとポケモンなんかじゃない、人間だったピカチュウ…。

その名はノゾム。

静かな砂浜へ、一匹のポケモンが歩いてきた。

「…ちぇ、また追い出されちゃったよ…別に一人でもいいんじゃないのかなぁまったくぅ…」

ぶつぶつとつぶやきながら歩いてきたのは、ペンギンポケモンのポッチャマだ。

「…ん?」

ポッチャマの視界に入ってきたのは、白い砂浜に倒れていた黄色いポケモンだった。

「…だ…大丈夫!?」

ポッチャマは素早く駆け寄って、ピカチュウの体を揺らす。

「…うぅ…」

目を覚ましたノゾム。

「…大丈夫…?」

「わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああ!!!!??????!?」

ピカチュウは大きな声を出した。

「しっ!!」

ポッチャマが黙らせた。

「…ところで君さ、なんでこんなところに倒れてたの?」

「…え?」

ピカチュウはきょろきょろする。

「…うぅーん・・・覚えてない」

「どこに住んでるの?」

「・・・覚えてない」

「どうしてここにいるの?」

「・・・覚えてない」

「名前は?」

「…ノゾム」

「ノゾム?あ、僕はポッチャマのマリン!!」

「…ってぎゃああああああぁぁぁぁぁぁああああ!!」

「どうしたの?」

「ポケモンがしゃべってるぅぅ!!」

「なに言ってんの?喋るでしょ」

「いや、俺は人間なんだよ!!」

「ニンゲン?なにそれ」

「・・・え?」

ポッチャマがきょとんとした顔でノゾムを見つめる。

「…俺…まさか…ポケモンになっちゃった…!?」

「…みたいだね」

マリンはよくわからないというような顔をして、でも一応肯定した。

「ところで、マリンて名前女の子みたいだね」

「…失礼だね、僕は女の子だよ」

「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

何回叫んだことか…。

「この後どうするの?」

マリンはもろにノゾムの驚きをシカトして、今後について聞いた。

「どうしようもないよ…」

「じゃあさ、探検隊やらない?」

「なにそれ」

「探検隊だよ!!まぁ詳しくは後から説明するから!!ギルドいこっ!」

「えぇぇ?」

ノゾムはマリンに連行された…。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):