本日 6 人 - 昨日 9 人 - 累計 19723 人

序盤からグッダグダな探偵事務所、それがここなのです

「…あぁ…眠いなぁ…」

自分の机で、思いっきり伸びをするイーブイ。

「…仕事、ないですねー…」

とブイゼル。

「ま、平和ってことなんじゃないですかねー…電話が鳴らない限りは…」

とフシギダネ。

「「「ふぁ~…」」」

みんなで大あくびである。

「…先輩…ふと思ったんですけど…」

ブイゼルがイーブイに尋ねた。


「仕事なさすぎる職場って、儲かりませんし、ある意味ないから、潰れちゃうんじゃないですか?」


事務所は凍りつく。

「ほらぁ…そのぉ…ここ、あんまり大規模な事務所じゃないから、三人しかいないわけだし…」

「…でも、事件は解決してるだろ?」

「でも、最近の依頼、ただ〇〇サンの探し物を探す、とかばっかりじゃないですか」

「…確かに」

イーブイとフシギダネが顔を合わせてうなずいた。

ブイゼルは続ける。

「…このままだと、経営破たんになって、この事務所、続かなくなるし、営業報告書も出さないと…」

「もう、お前、まじめすぎるんだよ!!なに、経営破たんって!!」

「店がつぶれたり、なんか申請する状況に陥ることです」

「…これはまずいねぇ…」

イーブイが顔を渋くした。

「…ちゃんとした方がいいのかもしれませんね」

「よし!!今日の仕事が決まった!!」

イーブイの堂々たる宣言にブイゼルとフシギダネは目を輝かせた。

「町のパトロールと清掃活動だ!!」

ドテッ。

「イーブイさん、もっと刑事らしい仕事しましょうよ…」

「感謝状もらえるだけでも十分嬉しいと思わないか!?」

「不審者扱いとかされたらどうするんですかー?」

大丈夫!!…といいたいイーブイであったが、それは無理であった。

「…うっ、トイレ~☆」

「あ、逃げた」

イーブイは、トイレからしばらく出てこなかった。























プロローグを除く記念すべき第一話なのに、このグダグダ感は、相変わらずなのであった。



前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):